6-1.貨物の正しい積載方法

貨物の種類と荷姿

ドライバーの基本的な仕事は、お客様から預かった貨物を迅速、かつ丁寧に輸送することですがなにより貨物の落下によって重大な交通事故を防止する心掛けが求められます。


正しく積載するためには、その貨物の特性や特徴を正確に知っておく必要があります。
道路交通法ではドライバーに対して積載を確実に行い貨物の転落を防止することを義務付けています。
また貨物自動車運送事業輸送安全規則においても、事業者及びドライバーに対して、落下等を防止するための措置をとることを義務付けています。


貨物の種類、荷姿は形状や大きさ多種多様です。建設機械もあれば、液体や気体、軽量なものもあればクレーンを使わなければ積むことが出来ないもの、それらを落下しないように固縛したり養生することが大切になります。
皆さんが通常取り扱う貨物はいろいろな資材で梱包されたり輸送容器に収納されています。


代表的なものでは、袋物、段ボール、缶類などがあります。バラ積み貨物では、砂利や砂、土砂さらには鉄骨や木材類など個装梱包や集合梱包されていないものをいいます。バラ積み貨物は、段ボールや袋に入った製品と違って貨物の重量がドライバーにわからないため、うっかり過積載になることがあります。そのためドライバー自身がある程度目安となる基準を把握しておき、管理する必要があります。また、走行中に貨物が飛び散ったり、落下しないようにシートをかけるなどの養生も必要です。バラ積みした貨物が途中で崩れる事がないように、安定した積み方をするも重要になります。

袋や段ボールには「荷扱い指示マーク」が表示されてることがあります。物流の現場では「ケアマーク」と呼ばれることもあります。それは貨物を保護するとともにドライバーなど荷扱い者の安全を確保する目的で使用されていますので、その指示に確実に従った作業を行ってください。

パレットの種類と利用

パレットは袋や段ボールなど個々の製品を単位数量にまとめて荷役したり、保管や輸送を行うために広く使用されています。最も多く使用されているのは「平パレット」で、通常はフォークリフトやハンドリフトを使用して荷役が行われます。木製のパレットなど、種類によっては1枚あたり30キロを超える場合もあり、積載量を計算するときなど注意が必要です。


パレットは、フォークを特定の二方向からのみ差すことができる「二方差し」と、どの方向からでも差すことができる「四方差し」貨物を一方の面にしか積載できない「片面使用型」、どちらの面にも積載することができる「両面使用型」などその特性を把握して取り扱う必要があります。


パレットへの貨物の積み付け方法は、輸送中や荷役中の荷崩れなど、貨物事故に繋がらないように、また効率的に積載できるように積み付け方法の基本パターンを覚えておくと便利です。

  1. 棒積み(ブロック積み)
  2. 交互積み(交互ブロック積み)
  3. 煉瓦積み(インターロック)
  4. ピンホイール積み

などが基本パターンです。ただどんなに正しく積みつけてあったとしても、輸送中に発生する振動や衝撃によって荷崩れを起こすことがあります。路面の凸凹によるものや、発進時、減速時など、皆さんが考えてる以上に衝撃は大きいものです。特に「急」のつくような運転は、貨物だけでなく交通事故につながる非常に危険な運転ですので絶対にしないように、慎重に行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました