7-4.指差呼称と呼称運転

7.危険の予測と回避

指差呼称(しさ こしょう)とは

指差呼称(しさこしょう)とは日常点検や固縛時などに、確認すべき対象や注意すべき対象を指で指し、「○○よし」などと声に出す確認方法です。これによって手抜きや省略、漫然とした確認などを防止し、確認の徹底を図ることが出来ます。ただこれがマンネリ化すると意味が失われますので、目的を理解して実施しましょう。

呼称運転(こしょううんてん)

呼称運転(こしょううんてん)とは運転している際何かの行動をするときに、おざなりな確認をするのではなく、その都度声に出して確認するということです。とにかくドライバーが怠りがちな安全確認を声を出すことによって、確実に行うことが呼称運転の目的です。呼称運転は漫然運転や居眠り運転の防止にも役立ちます。ドライバーのみなさん、安全運転を!!

ドライバーさんの感想

田島さん
田島さん

帰り道やよく通る交差点では、呼称確認を実施しています。

研修完了報告

以下のフォームに、お名前会社名メールアドレスと、研修の感想を記入して、「送信」ボタンを押して下さい。入力したメールアドレス宛に、研修完了報告を送信します。

定期的な教育研修指導や、初任運転者に対する座学指導指導記録簿を作成する際にぜひご活用下さい。特に、指導記録簿をエクセルなどで管理している場合は、メールに来た受講者の感想をコピー・アンド・ペーストできますので便利にご利用いただけます。

    7.危険の予測と回避
    小さな運送会社のための研修テキスト

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました