7.危険の予測と回避

7.危険の予測と回避

7-1.危険予測の必要性

トラックを運転する際は様々な危険の認識をする必要があります。まず最初に「見る」という行為。運転に必要な情報の大半は目から入ってきた情報を収集して判断しています。例えば信号の認識や歩行者の有無など、とても膨大な情報量が「見る」という行為によ...
7.危険の予測と回避

7-2.危険予測のポイント

子供との事故防止ポイントと配慮 子供の世界は自分が中心です。学校や公園付近・通学路・駐車車両付近など飛び出しの危険があります。スピードを緩める、いつでも止まれるなど注意が必要です。 高齢歩行者との事故防止ポイントと配慮 ...
7.危険の予測と回避

7-3.危険予知訓練(KYT)の方法

危険予知訓練(略してKYT)とは危険が目の前に来てからの対処では手遅れになるケースが少なくないので、それを予知する能力を高めるための有効な訓練方法をいいます。この訓練は、交通場面を描いたイラストシートや写真、映像などを見てどんな危険が潜ん...
7.危険の予測と回避

7-4.指差呼称と呼称運転

指差呼称(しさ こしょう)とは 指差呼称(しさこしょう)とは日常点検や固縛時などに、確認すべき対象や注意すべき対象を指で指し、「○○よし」などと声に出す確認方法です。これによって手抜きや省略、漫然とした確認などを防止し、確認の徹底を図ること...
タイトルとURLをコピーしました