5-1.トラックの構造と運転

5.トラックの構造と運転

トラックの形状と性能

車両寸法

トラックの形状と性能については、道路運送車両の保安基準で様々な基準が
定められています。このうち、車両寸法については、全長、全幅、全高、リヤオーバーハング、最低地上高などの上限が定められています。 また荷台の内寸、床面地上高といったものも決められています。
そのほか、車両の安定性が求められるためトレッドやホイールベースの長さもあります。
トレッドとは左右の接地面の中央から中央までの距離を測ったものです。それが広ければ安定性が高まります。ホイールベースとは前輪と後輪の車軸の中心間の距離をいいます。車軸が3つ以上あるものについては、最も遠い車軸間の距離で表します。これを最遠実距(さいえんじっきょ)といいます。これも長いほど安定性が高まります。
オーバーハングとは前後の車軸より外側にはみ出している車体の部分をいいます。

車両重量と最大積載量


車両重量とは走行可能な状態(燃料、冷却水、エンジンオイルなど規定量入れた状態)での
車体自体の重さです。
最大積載量とは、車両総重量から車両重量と乗車定員の重量を引いた数字になります。そして
車体の後面にそれを表示しなければなりません。
ちなみに車両総重量とは、車両重量に乗車定員と最大積載量を加えた重量です。
乗員は一人当たり55㎏×定員で計算します。

車両性能


道路運送車両の保安基準で最小回転半径12m以下、傾斜時の安定性は空車状態で
左右に35度傾けた場合でも転覆しない、など安定性の基準が定められています。
登坂能力も車種によって違いがあり、積載量が重くなる程低下します。そのため高速道路の上り坂では
重量が重くスピードが低下しやすいトラックのために登坂車線が設けられています。


保安基準できめられたものは安全に輸送すると同時にドライバーの安全も守るものです。
知識として覚えておくといいと思います。その中で日々自分が乗っている車両のサイズ(内寸)などはお客様や引き取り先などで聞かれることが多々あります。「このサイズの商品何ケース入る?」など。その時のためにきちんとシミュレーションしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました