5-1.トラックの構造上の特性

5.トラックの構造と運転

トラックの構造と性能の特性

車両寸法

トラックの形状と性能については、道路運送車両の保安基準で様々な基準が定められています。

このうち、車両寸法については、全長、全幅、全高、リヤオーバーハング、最低地上高などの上限が定められています。 また荷台の内寸、床面地上高といったものも決められています。

そのほか、車両の安定性が求められるためトレッドやホイールベースの長さもあります。トレッドとは左右の接地面の中央から中央までの距離を測ったものです。それが広ければ安定性が高まります。ホイールベースとは前輪と後輪の車軸の中心間の距離をいいます。

車軸が3つ以上あるものについては、最も遠い車軸間の距離で表します。これを最遠実距(さいえんじっきょ)といいます。これも長いほど安定性が高まります。オーバーハングとは前後の車軸より外側にはみ出している車体の部分をいいます。

車両重量と最大積載量


車両重量とは走行可能な状態(燃料、冷却水、エンジンオイルなど規定量入れた状態)での車体自体の重さです。
最大積載量とは、車両総重量から車両重量と乗車定員の重量を引いた数字になります。そして車体の後面にそれを表示しなければなりません。
ちなみに車両総重量とは、車両重量に乗車定員と最大積載量を加えた重量です。乗員は一人当たり55㎏×定員で計算します。

車両性能


道路運送車両の保安基準で最小回転半径12m以下、傾斜時の安定性は空車状態で左右に35度傾けた場合でも転覆しない、など安定性の基準が定められています。登坂能力も車種によって違いがあり、積載量が重くなる程低下します。そのため高速道路の上り坂では重量が重くスピードが低下しやすいトラックのために登坂車線が設けられています。


保安基準できめられたものは安全に輸送すると同時にドライバーの安全も守るものです。
知識として覚えておくといいと思います。その中で日々自分が乗っている車両のサイズ(内寸)などはお客様や引き取り先などで聞かれることが多々あります。「このサイズの商品何ケース入る?」など。その時のためにきちんとシミュレーションしておきましょう。

またトラックの構造上、乗用車とは異なる死角ができます。ミラーやバックカメラなど死角を減らす機能や仕組みもありますが、目視も大事ですので注意を怠らないようにしましょう。

ドライバーさんの感想

藤下さん
藤下さん

自分の荷台の長さ幅を把握しておくと積む際困らないし、車両重量が走行可能な状態だと初めて知りました。

斎藤さん
斎藤さん

お客様の物を運ぶ上で安全に運ぶのがプロのお仕事であり、また走っている所を見て、運転技術もそうですが、人柄などを見て「あっこの会社に頼んでよかった」と思ってもらえるように、また大きい乗り物だからこそ基準など色々なことを守りお客様の元へ行く。物を運ぶだけではなく、プロの運転で安心を提供するのも我々の仕事だと思います。

私はまだ助手でついていくことが多いのですが、ドライバーさんたちは高さなどをよく気にして運転していました。私も自分が運転しているトラックのサイズをよく把握しておこうと思いました。

研修完了報告

以下のフォームに、お名前会社名メールアドレスと、研修の感想を記入して、「送信」ボタンを押して下さい。入力したメールアドレス宛に、研修完了報告を送信します。

定期的な教育研修指導や、初任運転者に対する座学指導指導記録簿を作成する際にぜひご活用下さい。特に、指導記録簿をエクセルなどで管理している場合は、メールに来た受講者の感想をコピー・アンド・ペーストできますので便利にご利用いただけます。

    ※送信いただいた内容は、より良いサイト構築のため、「ドライバーさんの感想」として掲載させていただく場合がございます。その際、個人の特定を防ぐためにフルネームの記載はいたしません。また、文章を一部改変させていただく場合があります。※

    5.トラックの構造と運転
    小さな運送会社のための研修テキスト
    タイトルとURLをコピーしました