8-2.交通事故に関わる運転者の生理的・心理的要因と対処方法

8.安全運転

事故の発生要因

事故の発生要因にはおおきく分けて3つあります。

  • 疲労
  • ストレス
  • ヒューマンエラー

研修くん
研修くん

疲労、ストレス、ヒューマンエラーについて、それぞれみてみましょう。

疲労

疲労は誰しも感じる状態なので、「疲れた」と感じていても深刻に考えない人もいると思います。しかし、疲労が続くと重大な病気を招く可能性があるため、軽く考えてはなりません。疲労は心身機能の低下を示すサインのようなものです。その状態で運転を続けると、運転に支障をきたし事故の原因にもなります。集中力がなくなり、注意範囲が狭くなります。動作を正確にやろうという意欲もなくなり、作業の手を抜くようにもなりがちになります。疲労を招く要因には、睡眠不足や過度な運動、風邪による体調不良などさまざまなものがありますが、運転の仕方が疲労を早めることもあります。強引な車線変更やスピードを出す行為は緊張感を高めるため疲労を早めろ原因になります。また、悪い姿勢での運転や長時間運転なども大きな要因です。運転中は常に緊張状態にあります。そのため精神的疲労が生じやすくなります。
例えば、渋滞に巻き込まれると「予定時間に到着しなければ」という焦りからイライラがつのる、強引な車線変更、追い越しなどがあげられます。普段から良い睡眠をとる、休憩時間をきちんととるなどして疲労を軽減してください。

ストレス

ストレスとは外からの刺激を受けた時の心の状態をいいます。ストレスには仕事のやる気を起こさせる良いストレスもありますが、怒りやイライラなどの感情は運転に悪影響を及ぼします。渋滞でのストレスでイライラし、それが解消されるとその反動でスピードを一気に上げて走行したり、突然の割り込みでカッとして車間を詰める、また家庭の悩みなどで運転に集中できず、事故を起こすなど。運送業務は、ジャスト・オン・タイムに代表されるように、時間的な制約などからストレスを感じやすいため、それをいかにコントロールするかは安全運転にとって非常に大切な条件となります。
ストレスは誰もが感じるものですが、一人では解決出来にくいものです。運行管理者など周囲の人に相談して解決を図っていくのも良い方法です。

ヒューマンエラー

交通事故の大半は「人」のミス、いわゆるヒューマンエラーで起こっています。人はミスをする生きものですから心理状態や環境の影響で作業状態は変化します。ただミス(交通事故)の防止も「人」にしか出来ません。運転は、認知・判断・操作の繰り返しで成り立っています。どの段階でエラーが起こっても事故に繋がる危険があります。
要因としては思い込み、知識・技能不足、妨害が入る、緊張状態などのエラーです。
防ぐポイントとしては心に余裕を持つということが大切です。それによって他の状況に謙虚な態度で運転できるようになります。また、何度も聞いたことがあると思いますが、だろう運転ではなく、かもしれない運転の習慣をつけるとエラーはかなり少なくなります。
知識や技能不足は向上させるしかありませんので、トラックの運転特性をしっかり理解して運転してください。運転に慣れてくると、「手抜き運転」をしがちになります。基本を忘れないで行動してください。

交通事故の要因分析

交通事故が発生した時は、その要因を分析することが大切です。そのための有効な方法の一つに4Ⅿ分類法があります。
4Ⅿとは、


Man:人(運転者)に関すること
Machine:機械(車両)に関すること
Media:環境(走行環境)に関すること
Management:管理(運行管理)に関すること


を言いそれぞれの頭文字をとって4Ⅿ分類法と言われてます。事故要因を4つのⅯに分けてそれぞれの要因の対策を立てる優先順位を決めていきます。そして高い順に事故防止対策として設定し、事実が把握出来たらそれに応じて対策を講じます。
この場合できるだけ具体的な対策をたてましょう。例えば「夜間は暗いので、危険を見落とさないよう十分注意する」といった内容では対策にはなりません。「対向車や前車がいないときには、ヘッドライトを上向きに切り替える、スピードを昼間よりも落とす」などのようにより具体的に対策としてたてます。そうすることによって、それを自分が実践したかどうかの検証もできます。

発生した事故については「なぜ?」を繰り返すことによって、原因をより深く、また具体的なものが対策として見えてきます。そうすることで自分の考え方の特徴なども検証できるというメリットがあります。さらに物事を正しく見る力、正しい表現力、日ごろの生活でも言葉づかいを意識すると能力も高まり、論理的な考え方などのに繋がるものです。

ドライバーさんの感想

太田さん
太田さん

運転において、ストレス管理、体調管理が、とても大事だということがわかりました。大多数の車がドライブではなく、目的や、制限時間を持って走っている状況でストレスを感じ、百点に近い体調と確認や運行方法で運転しないと事故を起こす可能性があるとても危険な道具であることを再度認識して運転に望もうと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました