1-1.物流の主役は「運送会社のドライバー」

1.ドライバーの心構え

物流トラックドライバーは、陰ながら人々の生活や経済を支えています

日本の輸送を支える約9割は、自動車やトラックによる道路貨物輸送です。(その他には海上・航空・鉄道での輸送等があります。)

また、最近では荷物を運ぶだけではなく幅広い事業を展開し、道路貨物輸送業者の活躍の場が拡大しています。

道路輸送、つまり自動車やトラックの輸送が選ばれるのは、「ドアツードア」で、きめ細かいサービスが出来たり、積替えの手間や時間のロスを他に比べて大幅に軽減できるからです。

ですから、日本の物流の9割を支えるという「道路 運送会社に務めるドライバーさんたち」が居るからこそ、私達の生活や経済が成り立っている。と言っても過言ではありません。

トラックを運転する場合の心構え

 そんな私たち物流の主役である、トラックドライバーは運転をすることでお金をいただくプロの職業ドライバーですが、私たちが仕事をするうえで、どのような役割や責任、運転マナーを考える必要があるでしょうか。

一番身近で一番便利な「トラック輸送」が止まったら

私達の生活物資のほとんどは、トラックが運んでると言っても良いでしょう。(軽貨物による輸送も含む)

身近な出来事では、震災の時にトラックのガソリン供給が不足し、私達は食品その他を買うのにも大変な思いをしました。生活必需品の供給がストップしてしまうと、外国においては、暴動にまで発展することさえあり、人々はその度々大変な思いをしてしまいます。

こうした事からも、経済活動や国民生活に欠かせないのが、トラック輸送なのです。

 

ドライバーさんの感想

加藤さん
加藤さん

トラック輸送が、こんなにも社会的な影響しているとは思わなかったです。これからも頑張って仕事をしていきます❗️

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました