8-1.安全運転のための心身の健康管理

8.安全運転

運転者の運転適性に応じた安全運転

運転免許取得時に視力や聴力の適正試験(検査)を受け、これに合格しなければ免許は受けられません。それは一定の視力や聴力などが必要とされるわけですが、それらに問題がなければ、十分かといえば、決してそうではありません。

多くの車や自転車、歩行者が通行する道路を安全に走行するためには適切な注意配分や危険予測、的確な判断や動作のタイミングなど様々な能力が求められます。それらがどの程度備わっているかをチェックし、アドバイスするのが、運転者適性診断(以下適性診断)です。

この適性診断は、その結果によって運転に向いてるかいないかを判断するものではありません。また結果が悪ければ運転業務につけないとか、業務を降ろされるなどという目的のものではありません。そのドライバーの運転に関する長所や短所といった運転のクセ、その時起きたことに対しての心理状況など、様々な測定によって見いだし、今後どのような点を配慮して運転すればいいか考えてもらうためのものです。

仮に適性診断で低い評価が出た場合でも、本人の運転に対する態度や考え方、改善しようとする意思、また管理者からのアドバイスなどによって変えていけばよいのです。大切なことはその結果を自覚するということであり、それを教えてくれるのが適正診断です。

適性診断の種類

一般診断、初任診断、特定診断Ⅰ、特定診断Ⅱ、適齢診断の5種
下記にあげるドライバーは、貨物自動車運送事業輸送安全規則によって、適性診断を受けることが義務付けられています。
○初任運転者(新たに雇い入れられたドライバー)
○事故惹起運転者(死者または負傷者が生じた事故を起こしたドライバー)
○高齢運転者(65歳以上のドライバー)
※上記のドライバーを「特定運転者」といいます。
※特定運転者は国土交通大臣に認定された実施機関で受けなければならない。

特定運転者以外のドライバーについては特に法令での定めはありません。しかし自分の弱点や身体面、心理面の変化などそれをふまえた運転上の注意点やアドバイスを与えてくれるので、3年に1回を目安に受診することをお勧めします。

適性診断の項目についてはいろいろあります。それは診断する対象者によっても異なります。
適性診断を受けると、診断結果が記載された「適性診断表」が発行されます。それにはしっかりと目を通してください。そしてそれを活用し、運行管理者などの指導・助言に耳を傾けて、自分の運転特性をよく理解することが大切です。

 

ドライバーさんの感想

太田さん
太田さん

適性診断表何度か渡されましたが、真剣に読み込んだことはありませんでした。次回からは分析するぐらい熟読して、今後は過去との比較もしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました