熱中症対策。新型コロナ禍のトラックドライバー編

「教育訓練」のヒント

 

2020年の夏、ドライバーさんの熱中症に要注意です!

新型コロナウイルスの世界的な流行に伴い、今年の夏、トラックドライバーはマスクを着用しながらの過酷な運送業務が強いられる状況にあります。

 

感染症の予防の為にマスクを着用することはもちろん大切ですが、今年の夏は熱中症に注意が必要です。通常、夏にマスクをつけるということはありません。

 

マスクを着用すると熱気が身体にこもりやすく、例年よりも遥かに熱中症になる危険性があります。作業をする時などは臨機応変に、3密を避けながらマスクを外す必要が出てくるかと思います。

 

マスク着用での荷役作業、熱中症予防で気をつけること

  • 水分補給
    運転中は、のどが乾いてなくても定期的に口に含む
    水のほか、麦茶やスポーツドリンクを飲む
    塩飴などで塩分補給もする

  • エアコンを上手に使う
    冷やしすぎない
    荷役作業の10分前からトラック車内と、外気との温度差をなるべく減らす
  • 荷積み、荷降ろしの際は無理をせず、許可をもらって休む
    作業員の人と上手にコミュニケーションを取りながら休ませてもらう

  • 中距離、長距離運転は、エコノミークラス症候群にも注意する。

 

 

ドライバーさんの感想

新井さん
新井さん

自分は、暑くなる時期にタオルを濡らして手元においてあります。
暑さを感じたときに手首や首元にタオルを当てて熱中症を防いでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました